憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

眼瞼下垂手術

まぶたを持ち上げる筋肉が弱く、自然とまぶたが下がって眠そうな印象を与えてしまう眼瞼下垂。黒目が隠れてしまうのでパッチリ目にならず、埋没法や切開法といった二重整形術だけを受けても思うような二重のラインをつくるのが難しい症状です。この記事では、恵聖会クリニックに在籍する大阪の二重整形の名医・鬼頭ドクター監修のもと、眼瞼下垂手術について紹介します。

日常生活に支障をきたすケースも!眼瞼下垂(がんけんかすい)の症状とは

眼瞼下垂(がんけんかすい)は、筋肉が弱いためまぶたが下がってしまい目の開きが悪くなる症状です。もともと二重だったとしても下がったまぶたが黒目を隠してしまい、二重ラインがぼんやりとした印象に。また目を開こうとして無意識のうちに力を入れてしまい、眼精疲労・肩こり・頭痛などの症状を引き起こします。周囲の人に「眠そう」「怒っている」などネガティブな印象を与えてしまうため、見た目の問題も大きい症状です。

生まれつき眼瞼下垂の人だけでなく、長期間のコンタクトやパソコン・スマホの使用で目を酷使する生活習慣が原因で生じるケースもあります。

眼瞼下垂手術は美容外科と一般外科のどちらが良い?

重度の眼瞼下垂は全身のコリや作業効率の低下など日常生活に影響が出るため、保険診療で手術を受けられます。また「美しい目元」をつくる美容外科でも、眼瞼下垂手術を実施。どちらで手術を受けるのが良いのか、ふたつの診療科によって違うメリットとデメリットをご紹介します。

美容外科で眼瞼下垂手術を行なうメリットとは

機能面だけじゃない!なりたい二重をつくってくれる

まぶたを持ち上げるだけでなく、美しい二重のラインをつくるところまで考えて手術を行なう美容外科。なりたい目の形に合わせて手術を行なうので、視界を広げると同時に美しい目が手に入ります。

黒目のバランスも診てデカ目効果を引き出してくれる

美容外科では「視界を広げる」という機能面だけでなくデカ目効果も重視して、黒目のバランスも考えながらまぶたを上げる手術を行ないます。二重ラインを形成して目を大きく見せたい人は、目全体のバランスを考慮して施術を行なう美容外科がおすすめです。

美容外科で眼瞼下垂手術を行なうデメリットとは

自由診療で保険がきかないことも

美容目的の施術は保険適用外なので、重度の眼瞼下垂であっても自由診療の価格で手術を受けます。当然保険診療と比べると、治療費は高額に。しかし理想とする目の形を持っている人であれば、保険適用の範囲内で行なうまぶたを開くだけの治療では納得できる仕上がりにならず、新たな悩みを増やしてしまうかもしれません。手術後に後悔しないために、なりたい目の形に整える治療を行なう美容外科クリニックで受けるのも、ひとつの方法だと言えます。

一般外科(保険診療)で眼瞼下垂手術を行なうメリットとは

手術費用を抑えられる

黒目の半分が隠れる重度の眼瞼下垂であれば、保険診療での治療が可能です。自由診療の場合は20万以上のクリニックがほとんど。なかには保険診療と自由診療の両方を行なうクリニックもあり、仕上がりにこだわる美容クリニックならではの手術を3割負担で受けられます。

一般外科(保険診療)で眼瞼下垂手術を行なうデメリットとは

手術とあわせて二重をつくることができない!

なりたい目をつくる手術ではなく、あくまでもまぶたの開きを良くする手術です。美容外科では二重のラインを一緒につくってくれますが、一般の眼科で保険診療として眼瞼下垂手術を受ける場合は希望の仕上がりを指定できません。また「左右のバランスが悪い」「二重のラインが気になる」など美容的な面で再手術を希望しても、目の開きが改善しているのであれば保険治療の対象外となります。

切開する必要がある

「切りたくない」と考えている方にとっては、あまり嬉しくないポイントです。

施術後は腫れや内出血が起こります。ダウンタイムは短くても1~2週間程度。お客さんと面と向かって仕事をする接客業や休みがとりにくい仕事の方には、少し厳しい条件になるでしょう。

中度・軽度だと治療できない可能性が

保険診療の対象は日常生活に支障をきたす重度の眼瞼下垂。やや目の開きが悪い軽度・中度の眼瞼下垂は手術できない可能性があります。

切らない眼瞼下垂って何?

眼瞼下垂の施術には、切るものと切らないものがあります。切らない眼瞼下垂は保険適用外の自由診療で、主に美容外科で行っている施術法です。顔にメスを入れるのが怖い方や、痛みを最小限に抑えたい方などが受けています。

どうやって眼瞼下垂の施術をするの?

皮ふではなく、まぶたの裏側にアプローチする施術です。眼瞼下垂の原因である外れかかった腱膜を、まぶたの先にある瞼板に固定させて、まぶたを引き上げる力を復活させます。腫れも少なく回復も早い施術ですが、皮ふを切る方法より若干効果が落ちてしまいます。

切らない眼瞼下垂のメリット

ダウンタイムが短い

皮ふを切らない施術なので、腫れ・痛みが少なくて済みます。ダウンタイムも1週間と短め。内出血ができた場合でも数日で治まります。

アイメイクは4~5日後、コンタクトは腫れが治まった2~3日後からはじめられます。

傷跡が目立たない

まぶたの内側からまぶたを上げる施術をするため、表側の傷が目立ちにくい施術です。もし傷が残ったとしても、時間の経過とともに目立たなくなります。

整形がバレづらい施術だと言えるでしょう。

修正ができる

切開法と比べて修正がしやすいのもメリットのひとつ。しかし目に負担をかけてしまうので、万が一修正をする場合は、目の腫れが完全に治まってからにしましょう。

切らない眼瞼下垂のデメリット

まぶたのたるみは取れない

まぶたの裏からアプローチする施術では、まぶた上にある脂肪を取り除くことができません。たるみを取りたい場合は、切開法がおすすめされるでしょう。

自由診療なので、お金がかかる

切らない眼瞼下垂施術は、自由診療となります。そのため、保険適用される施術より費用が高くなることに。

あなたは合う?合わない?眼瞼下垂手術の向き不向き

目の開きを改善して、見た目の印象を大きく変える眼瞼下垂手術。二重をつくる方法として眼瞼下垂手術が必要な人と、他の二重整形術の方が向いている人がいます。ここではどんな人に向いているのかまとめました。

眼瞼下垂手術に向いている人とは

眼瞼下垂手術に向いていない人とは

まずは眼瞼下垂かどうか見極めることが第一歩

開きが悪いまぶたを改善するために行なう美容施術なので、開き具合に問題ない人には向かない二重整形術です。反対に重いまぶたで悩んでいる人にとっては、美容クリニックで二重をつくりながらまぶたを上げることができれば、なりたい目と広い視界が一気に手に入り一石二鳥に。まずは自分のまぶたに合った施術方法を見つけることが大切です。

大阪の名医がWeb上カウンセリング
あなたに最適な二重整形とは?

腫れや内出血は?眼瞼下垂手術の術後の話

腫れ

術後1~2週間はまぶたが大きく腫れますが、日が経つにつれて治まっていきます。しかし完全に治まるわけではありません。完全に治まるまでにかかる期間は1~3カ月。3週目以降はスローペースで改善に向かいます。

内出血

手術後のまぶたには青アザのような内出血が見られますが、長引くものではなく1週間程度で消えます。5日後から解禁になるアイメイクでカバーすることが可能です。

ダウンタイムを短くするためのポイント・アフターケア

切開した時にまぶたの細い血管を切ってしまうので、内出血は避けられません。血液は細胞の間に溜まると痛みの原因物質を内部で分泌させて、腫れの原因に。

施術の負担を最小限にするためには、多くの血液が細胞の間へ流れ込まないように患部を冷却させて血流を抑えるのが効果的です。

また冷やす時に刺激を与えたり患部をこすったりすると炎症の原因になるのでNG!ダウンタイムが長引いてしまうので、ただ冷やすだけでなく安静にすることも大切なポイントです。運動やサウナ、飲酒などの血行を促進させる行為も控える必要があります。

失敗しない?眼瞼下垂手術のトラブル&リスク

眼瞼下垂手術を受けた後に起こるかもしれないトラブルやリスクとして、術後のダウンタイムが長引く・仕上がりが不自然になる、などが挙げられます。手術を受ける前に知っておきたいトラブルやリスクについてまとめました。

腫れが3カ月以上続くケースがある

人によっては、通常3カ月ほどで落ち着く腫れが、3カ月以上続くケースもあります。ただし、術後4~5カ月で治まることが多いようです。もし3カ月経っても腫れが引かない場合は、すぐに医師に相談しましょう。

開きすぎると見開いた目やキツい目に…

黒目の9割ほどが見えているとデカ目効果を得られますが、普通の状態で黒目の全体が見えているとキツい印象を与えます。また目に力が入った時や眉が上がった時には黒目の上にある白目部分まで見えてしまい、見開いた怖い目に。きれいな目をつくるために大切なのは、計算された緻密なデザインなのです。

いくらかかるの?眼瞼下垂手術の費用相場

眼瞼下垂には、自己負担3割で受けられる手術と、仕上がりやメスを使用しない手術法にこだわった自由診療の手術があります。健康保険の範囲であれば、相場は40,000円ほど。反対に自由診療の場合はクリニックによって手術費用に差があります。30~40万ほどで手術を行なう美容外科クリニックが多いなか、50万円を超えるところも。

また恵聖会クリニックのように、保険適用の価格で眼瞼下垂手術を受けられる美容外科クリニックもあります。美容外科クオリティーの手術を3割負担で受けることのできる、数少ないクリニックです。

恵聖会クリニックの眼瞼下垂メニュー
眼瞼下垂 健康保険適用
切らない眼瞼下垂 280,000円

恵聖会クリニックの公式サイトで
各施術方法について詳しく見る

恵聖会クリニックで受ける眼瞼下垂の流れ

眼瞼下垂の施術を受けたいと思ったら、どうすればよいのでしょうか?ここでは、恵聖会クリニックで施術を受ける場合の流れを紹介します。

「眼瞼下垂の施術を受けたい」と思ったら

初診ならWEBでの相談・予約でOK。24時間受け付けしているため、忙しい方でも気軽に相談できます。

カウンセリングは無料で行っており、話だけでも聞いてみたい方でも行きやすくなっています。

眼瞼下垂の流れ

※術後7日後来院します

術中には何度も体を起こして目を開け、完成後のイメージをチェックします。事前の確認だけでなく、術中も細かく確認してくれるのは、「こんなはずじゃなかった」という後悔が起きないための心配り。安心で高度な美容治療の追求をしている恵聖会クリニックの理念に乗っ取っています。

恵聖会クリニックの基本情報

心斎橋院
所在地 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F
診療時間 10:00~19:00※完全予約制
アクセス 地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」徒歩3分
京橋院
所在地 大阪府大阪市都島区東野田町2-3-19 MFK京橋駅前ビル5F
診療時間 10:00~19:00※完全予約制
アクセス 京阪本線「京橋駅」徒歩1分

監修ドクター恵聖会クリニック鬼頭恵司医師(美容外科医)

異色の経歴を持つ、大阪の二重整形の名医
国立岐阜大学医学部卒業後、小児科から医師としてのキャリアをスタート。美容外科医のなかでは異色の経歴を持つドクターです。小児科のほか、ICU・婦人科・外科一般での経験から「微細外科手術手技」や「麻酔手技」を磨き上げ、美容外科へ転科。2000年6月、大阪・京橋に恵聖会クリニックを創設し、2005年に心斎橋院も開院しました。適正かつ明瞭な料金設定をはじめ、技術力の向上を欠かさない姿勢、そして万全のアフターフォロー体制から、多くの患者の信頼を得ています。 監修者情報はこちら>
監修ドクター恵聖会クリニック鬼頭恵司医師 恵聖会の公式サイトを
詳しく見る
あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重で悩む二重になりたい女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.