憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.26 二重になる近道はアイテープ?癖付けは本当にできるの?
  

vol.26 二重になる近道はアイテープ?癖付けは本当にできるの?

アイテープで癖付けすれば、二重になるという噂は昔からよく聞かれます。実際に二重になったなんてお友達もいるかもしれません。癖をつけるだけで二重になることということは実際にあるのでしょうか?噂が本当なのか調査してみました。

Q.アイテープで癖付けしていれば二重になるという噂を聞きました。

頑固な一重が大きな悩みで、アイメイクにはアイテープが欠かせません。しかし、インターネットで「アイテープを付け続けていると自然に二重の癖が付く」という噂を耳にしました。実際に試してみましたが、アイテープをしているときは二重になっていても、外すと一重に戻ってしまいます。

実際に二重をキープできるのは10分くらいです。このままアイテープを使い続けたら、二重になるのでしょうか?

A.二重の癖がつく人もいるけど、使用方法には注意

実際にアイテープを使い続けることで、二重の癖が付くという人はいます。しかし、アイテープをしばらく止めると癖が取れたり、人によっては癖が付きにくかったりと誰でも確実に二重になるわけではありません。

アイテープを使い続けることで二重になろうと考えている場合、リスクを理解してまぶたへのダメージを少なくすることが大切。あらかじめ注意しておきたいポイントを押さえておきましょう。

アイテープを長時間使うことで炎症を起こすことも

アイテープは一重女子の強い味方。でも人によってはまぶたが腫れてしまうこともあります。これは接着成分によるアレルギーも一つの原因と考えられます。特にゴムラテックスとアクリル系接着剤はアレルギーを起こしやすいため、ゴム手袋などでアレルギーを起こしたことがある人は注意しましょう。

もともと目元の皮膚は非常に薄く、ダメージを受けやすい部位です。長時間アイテープを使っていることで、ダメージも大きくなってしまいます。腫れや炎症が起きた場合にはアイテープを使わないようにし、手で触らないようにしましょう。

癖付けできる人はまぶたの皮膚が薄い人

アイテープを使って自然に二重の癖が付く人もいます。それはまぶたが薄い人に多く見られがち。まぶたの脂肪が少ない人は癖が付きやすく、二重になりやすいといえます。また、もともと奥二重の人もアイテープを使うことで二重になりやすいタイプです。

しかし、両方の目を均等に二重に癖付けするのは難しいこと。片目だけ二重になったり、両目で二重の幅が違ってしまったりという失敗もよくあります。

まぶたの皮膚が伸びてしまうことも

アイテープを長時間使い続けると炎症を起こしてしまうことがあります。また、アイテープは接着剤が使われているので、使い続けることでまぶたへの負荷は大きくなるでしょう。色素沈着による黒ずみや、皮膚が硬くなることもあります。

さらに何度も皮膚が引っ張られることで皮膚が伸びてしまうと、たるみやシワの原因になることも…。アイテープを使っていて腫れや異常に気付いた場合、病気の可能性もあるので早めに病院に受診するといいでしょう。

まぶたに大きな負担をかけすぎないことが大切

まぶたは私たちが思っているよりも非常にデリケート。負担をかけないように普段からケアを欠かさないようにしましょう。たまにはメイクをお休みする日を設けてみてもいいですね。また、長期間アイテープを使うのは大変といった人は、二重整形という方法もあります。自分で癖付けするよりも均等で綺麗な二重になるため、理想の二重を作る方法の一つでしょう。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.